ブログ

垂水市新庁舎建設

令和2年7月24日
 
 昨日、垂水市新庁舎建設の住民投票に向け、賛成する市民団体が集会を開きました。
 
 現在の庁舎は、築60年が経過して、古くで危ない。仮に震度5以上の地震がきたら倒壊の恐れがあるから、建て替えなければいけない。
 垂水市は約5年間を費やし、場所、建物の安全性を科学的に証明し、財政的な見通しも確認して新庁舎建設計画を進めてきた。
 
 議会においては、
 ○H30.3に1億1,162万円(設計業務委託費)
 ○H31.3に2,760万円(地質調査費)
 ○R1.9に「早期着工を求める陳情書」採択
 ○R2.6に複数年契約となる建設本体工事費
をそれぞれ可決してきた。
 ただ一部の議員(元議員を含む)が、議会の決定事項を軽視する行動をしていることから住民投票に至った経緯がある。
 議会とは何か?議会での可決、決定事項の重みは何なのか?よく考えさせられる。
 
 垂水市に取って、間違いなく、今が新庁舎建設の最大のチャンス。
 何故なら令和2年度までの期間限定としての国から交付金と有利な金利を活用できることから、あわせて約10億円の財政的軽減ができるからです。
 今回の住民投票は、垂水市が進める現案に賛成か、反対かの投票です。
 賛成多数ならば、建設に向けて動き出し、2年後には、新しい庁舎が完成する。
 反対多数ならば、計画の見直しになるが、この時点で国からの交付金の資格を失うことになる。今の垂水市にとって、約10億円の財政負担は、大きな痛手。新庁舎建設を諦めなければならなくなる。
 今回の投票は、新庁舎が「必要か・必要ないか」の選択になるのではないでしょうか!
 
 市民の皆さんの冷静な判断をお願いします。

 

黒ヂョカに掲載

2019.11.12

 今月11月4日の南日本新聞の黒ヂョカのコーナーに掲載されました。

【コメント】
〇この日10月13日(日)は、午前中から垂水中央地区の運動会の応援に行き、昼から綱引き競技に参加した時に、チームの責任者の方から「最後の競技の色別対抗年齢別縦リレーの50才台に欠員が出た」ということで、急遽、私がピンチヒッターで出場することになったのでした。

〇この年になっても昔を思い出すとまだまだ走れると思っていたのですが、バトンをもらって走り始めた瞬間に右太股の裏側に激痛が・・・・。でも痛みをこらえて何とかゴールしたものの、そのまま妻の支えをもらいながら帰宅しました。

○夜になり奇しくもその日は、ワールドカップラグビーの日本対スコットランド戦のベスト8を駆けた戦いで、妻と観戦しながら日本が勝利し感動していた時の会話ですが、日本選手の身体を張った激闘の感動と自分の不甲斐なさに涙する1日でした!

東京モーターショー

【東京モーターショー】2019.10.27

 自動運転装置システムで国土交通省の試験運用をした茨城県常陸太田市に総務文教委員会の所管事項調査を依頼していましたが、台風19号の被災に遭い、受け入れ困難との連絡をもらいました。
 垂水市にとって自動運転装置システムを導入したいという思いがある中で、今年の東京モーターショーの目玉は、「自動運転装置」でした。私なりの情報収集ができたと思っています。

 

道の駅たるみずはまびら

【道の駅たるみずはまびら】 2019.10.10

 垂水市の「道の道たるみずはまびら」に新たに新鮮な魚と肉の販売所が完全し、オープンしました。
 初日の10月10日は、先着300名に餃子セットやもつ煮のふるまいや、またマグロの解体ショーもあり、多くの人で賑わっていました。
 
 皆さんも是非とも垂水市の「道の駅たるみずはまびら」を訪ねてみてください。行く価値大有りです。

【大嘗祭抜穂の儀】 ~垂水市から

【大嘗祭抜穂の儀】~垂水市から 2019.10.7

   皇位継承に伴う11月の大嘗祭で神前に供えられる穀物の中で、この程鹿児島県からは、米と粟が献上されることになり、そのうち垂水市から粟を献上することが決まっています。
 本日、鹿児島きもつき農業協同組合主催により、献穀者である川畑淳さんをはじめ多くの関係者参列の中で、「大嘗祭抜穂の儀」の神事行事が執り行われました。

 

 

垂水市~日本遺産に認定

【垂水市~日本遺産に認定】

 今年5月に薩摩の武士が生きた町~武家屋敷群「麓」が日本遺産に認定されました。
 そもそも鹿児島県は、薩摩藩島津家当主が住む鹿児島城(鶴丸城)を本城とし、鎌倉時代から続く各地の”麓”を外城として薩摩藩全体を防衛してきました。”麓”とは、山城とその麓に広がる武家屋敷群全体を指し、この程、県内9市にある武家屋敷群全体が日本遺産に認定されたということです。
 ということで本日、垂水市でかこしま探索の会東川隆太郎氏を招いて「薩摩の武士が生きた町講演会」があったので拝聴し勉強してきました。

【参考】

○垂水島津家は、島津77万石を支えた一門家(垂水・加治木・重富・今和泉)
    のひとつ
○「県内9市」とは、垂水市のほかに鹿児島市、出水市、薩摩川内市、
 いちき串木野   市、南さつま市、志布志市、南九州市、姶良市にある”麓”の
 こと。